FC2ブログ

記事一覧

いったい何があったのか…

いったい彼に(彼女かも…)何が起こったのか?
200909011244001.jpg
雪につぶされたのにめげず、、
風に吹き飛ばされ折れ曲がったのにくじけず、、
それとも…

自然を見ると
生きる姿がシンプルです。

曲がりくねってもその後はすがすがしいほどにまっすぐに天を目指しています。
生きるって、こういう事なんですよね
お天道様に向かってまっすぐに伸びる。
命あるものは皆そうでしょうか。
そして地にしっかりと根を張っている、

まぁ中には根を張らずにコロコロ転がったりゆらゆら漂っているのもいますが

折れ曲がるほどの圧力に負けなかった結果でしょうか
それともしたたかにしなやかな証拠でしょうか

何はともあれ来年もきっときれいな桜を見せてくれることでしょう
そう、桜の街路樹でした。

彼にいったい何があったのか?
彼女かもしれないけれど…?
200905031312001.jpg

こんなにくっきりあごの骨だけ…体の他の骨は見当たらず
食べられたのか、事故にあったのか?
彼は(彼女かも…)どんな姿で森を駆け抜けていったのでしょう
私たちは化石や骨の標本からも太古の姿に思いを馳せます。
ロマンといえばロマンなのですが、、、
そこに私たちは何を見ようとしているのでしょう―

生きるって死ぬことも含んでいるとおっしゃったのは帯津先生です。

「いわば私達は始原の時から150億年かけてこの地球上にやってきて、今ここに生きているわけです。今現在を生きている。「大いなるいのち」によって生かされえいるといっても同じことです。
しかし、この肉体もやがて滅びます。そうしたら私たちの「いのちのエネルギー」はまた150億年かけてもとの虚空に還っていく。」(いい場を創ろう-帯津良一)

壮大だな~

そして先生は医療を行なう現場で、患者さんを見る時「からだ、こころ、いのち」を見なくてはいけないといいます。からだだけを診ても、あるいは心だけを見ても、いのちを活き活きとさせるには不十分だと…

ハタ・ヨーガでは、私達のかららだを七つに分類して、その全てに注意深く生きよと教えています。
そしてこの大きな宇宙もまた私自身のからだであると教えています。

今まさに、ヨガの時代がやってきたのだな~と思います。
遠い昔の賢人、聖人たちの英知が
現在の混乱を救う事になるような
そんな予感がします。

話が大きすぎますかね

とりあえず、メタボ対策に、
健康のために、
ヨガを始めてみませんか?
断食もあわせて行えば
プチ修業体験も!?

猫好き





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨガライフスクール

Author:ヨガライフスクール
「ヨガライフスクールインサッポロ」は、札幌を中心に30数年、誰もが望む“健康で美しくありたい”という願いを叶えるお手伝いをさせていただいております。

コメント・トラックバックは承認後の掲載となりますので、ご了承下さい。

最近のトラックバック

月別アーカイブ