FC2ブログ

記事一覧

ヨーガ・スートラ

はじめて会う人の顔を見る時は
笑った顔と怒った顔を想像します。
そうしようと思っているのではなく、なんとなくそんなことを考える習慣がつきました。
人って、こっちに言う時とあっちに言う時、全然別のことを言っている!?
という事実に気がついたからです。
人は変わるものですから、昨日と今日が違っていてもなんの不思議もないのだけれど…

結構なダメージを受けます。
それからはだんだんと顔をじっと見て、
怒っている時はどんな顔をしているんだろうーとか、
笑ってる時は…と想像する癖がついてしまいました。

200901041417000.jpg

人のことより自分の顔を心配しろ!ですかね

ヨーガスートラは読みますか?

少し古い本ですが、インテグラル・ヨーガはお勧めです。
スートラ自体は大変シンプルなものですが、それをどう読むかは読み手の実力に託されています。

わぁ~すごいなぁ~ すごいと思いません?

書物の持つ力ではなく、読み手の実力が大きく左右するのです。

日常的にもあるなぁ
人の話を聞いて、あるいは何かに遭遇して、解釈は各各全く違う。
立ち位置が違うとホントうそみたいに意見が割れますよね。
なのについ皆も同じ考えだ、と思ってしまいます。
皆って誰?

話はスートラに戻って、

ヨーガに限らずいろいろなスートラはシンプルというか、易しい言葉で書かれているので、私でも読めます。
でも、言葉を文字どうり受け取るのか、
奥に隠れている言葉を探り出すのか、
はたまたスートラ自体はもっと内容量があったのに長い年月とともに欠落しているのだという人もいます。
さぁ私の読む力はどのあたり?

しかぁ~し、昨年アーユルヴェーダの講義を受けたときに光が!
先生は言いました。
「この文章はすごい簡単ですよね。でも人にはレヴェルがあるのですよ。わたく達は今これくらいの(図を指し示し)ところにいるので文字通りにしか受け取れませんが、高いレヴェルにいる人、たとえばこのスートラを書いた人と同じレヴェルの人にはわかることなのですよ。」

そうだったのかー
なんでこんな当たり前の事に気がつかなかったのだろう
何で賢人が自分と同じレヴェルだとそもそも考えていたのだろう!
あ~恥ずかしい


私には読み解く力がないので、良い注釈を頼りに読む事にします。

スワミ・サッチダーナンダ先生、ありがとうございます

猫好き

コメント

>「この文章はすごい簡単ですよね。でも人にはレヴェルがあるのですよ。わたく達は今これくらいの(図を指し示し)ところにいるので文字通りにしか受け取れませんが、高いレヴェルにいる人、たとえばこのスートラを書いた人と同じレヴェルの人にはわかることなのですよ。」

実は先日読んだ村上春樹さんの『1Q84』の登場人物の1人の台詞にこんなフレーズがありました。

「説明しなくてはわからないということは、説明してもわからないということだ」

こちらのブログを読んで急に思い出してしまいました。

自分のわかるところまでを素直にありがたく受け入れて、わかったフリも、わからないからと避けることもせずに、ありのままで受け入れるということに満足していれば、相手を躍起になって説き伏せようとする必要もなく、架空の「皆」にバックアップしてもらう必要もなく、幸せにいられるのかもしれませんね。 なかなかできませんが(汗)そうありたいものです。

かえるさんコメントありがとうございます

そうですね。
相手が自分と同じレヴェルにいると-同じような考え方だと、無意識に誤解してしまいますよね。
何度説明してもわからない人に会うと、あなたの説明が悪いからだ!と怒られることがしばしばで…。
はじめから理解が違うことを念頭にしていないといけませんよね…。
逆に、わかった!と思う妄想をやめないと、、、大恥かく羽目にi-241
それが出来ていればこんなにトラぶったりはしないんですがe-441難しいですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨガライフスクール

Author:ヨガライフスクール
「ヨガライフスクールインサッポロ」は、札幌を中心に30数年、誰もが望む“健康で美しくありたい”という願いを叶えるお手伝いをさせていただいております。

コメント・トラックバックは承認後の掲載となりますので、ご了承下さい。

最近のトラックバック

月別アーカイブ